Schalke04_BL 一覧

05/03(金) 27:30 BL32(A) M'Gladbach


シャルケ接戦制す

 ブンデスリーガ第32節初日は5月3日に1試合が行われ、日本代表DF内田篤人が所属するシャルケは敵地でメンヘングラートバッハと対戦。0-0で迎えた82分にMFドラクスラーが均衡を破る決勝点を決め、1-0で辛勝した。内田は右サイドバックで先発したが、前半10分に相手のDFダムスと激しく交錯。前半は最後までプレーしたが、シャルケによれば、ハーフタイム中にロッカーで頭痛と吐き気を訴えたため交代。病院に運ばれ、脳しんとうの診断を受けたことが試合後に発表された。

シャルケは前節ハンブルガーSV戦における勝利で、来季での欧州チャンピオンズリーグ(CL)予選出場権が得られる4位の座を堅守。今回の一戦では、勝ち点差3と僅差で追う5位フランクフルトに追随を許さないためにも、アウェーながら勝ち点の獲得が必須となった。しかし、前半は低い位置に守備ブロックを敷くメンヘングラートバッハに対し、攻めあぐねる。前節で3得点1アシストと大爆発したFWフンテラーも、まったく見せ場がなかった。

 一方のメンヘングラートバッハは、決め手こそ欠いたものの、カウンターから何度かシャルケ陣をえぐる。最大の決定機は15分、ロングボールに合わせてMFヘアマンが左サイドのスペースへ飛び出し、ペナルティエリア中央でフリーのFWムラパへ絶妙なパス。しかし、ここはムラパがシュートミスで枠を大きく外した。シャルケの唯一のチャンスは34分、ペナルティエリア手前右でパスを受けたMFバストスが左足でミドルシュートを放った場面。ゴール左隅に鋭いシュートが襲い掛かったが、これはGKテアステーゲンの好セーブに阻まれた。前半は両チーム無得点で終了。

 後半は右サイドで先発していた内田抜きでの開始となる。内田は前半10分、元ベルギー代表DFダムスと激しく交錯したことで、一時プレーの続行が困難となっていた。前半は最後までプレーしたが、ハーフタイム中に脳しんとうの疑いで病院へ運ばれた。試合はメンヘングラートバッハが攻勢を強める。52分、MFチャカが相手DFからのクリアボールをボレーでゴールへ弾き返したのを皮切りに、いずれもポストに嫌われたが、55分にチャカが、63分にはアランゴが惜しいシュートを放った。

 押し込まれるたシャルケだが、苦しい時間を無失点で切り抜け迎えた82分、ついに待望の先制点が舞い込む。ペナルティエリア左でMFドラクスラーがラファエルとのコンビネーションからゴール前へ抜け出し、右足で自身の今季8点目を突き刺した。これが決勝点となり、シャルケは接戦を制して2連勝。来季でのCL予選出場権獲得へ向け、大きな一歩を踏み出した。

なんとか勝ちきったでー!
ということで4位確定に一歩前進。

まあ両監督が

ファヴレ監督:
試合の中で我々の方が積極的にいっていたし、得点チャンスもあった。しかし得点が欲しいあまりに、我慢ができなかったよ。今回のようなチームを相手にしては、それは致命的だ。私の目から見れば、あのゴールは正しいゴールだ。オフサイドではないよ。

ケラー監督 :
互いに無害となった試合だったね。ゴール前ではあまり行動に移せなかったよ。幸運にも1-0とする事ができた、この事は強調しておきたい。しかし今日の試合内容をみれば、今回は勝ち点を分け合うべきだったと思う。

と、言うくらい微妙な差だったからなあ・・・
ほんと勝ちきって良かった。
こういうときに勝てるということがチームに強さが戻ってきた証だと思う。
ユリアンのイエローでの次節出場停止は超絶痛いけど(´・ω・`)
次節もなんとか勝ち点3をもぎとりたいね。

まあそんな全体評はさておき。

前半のみ出場の内田は脳震とう「記憶が飛んでいたので交代させた」

ドイツ紙『デア・ヴェステン』は、内田が脳震とうで病院に搬送されたと報道。シャルケのチームドクターであるトルステン・ラレック氏は、「ロッカールームで確認したら、記憶が飛んでいたところがあったので、彼を代えるようにした」と交代理由を語った。

あの接触事故はもうなんというか。
接触した瞬間は、うわっ痛そうとおもっただけだったけど、その後の動かなさに
ぶわーーっと血の気が引いた。
普段よく接触はしているけど、いたいいたいと転げまわってたりしてるくらいのことが
あたりまえになっていたから、あの脱力感は・・・

すぐに意識は戻ったみたいだけど、そのときとかあとで記憶が飛んだりしてみたいだから
前半で交代になってよかった。

病院にいってCTスキャンも撮ってもらって、なんとかチームバスで
みんなと一緒に帰れたそう。

CTスキャンも撮ってちゃんと確認したようだけど脳震盪は怖い話もいっぱいあるし
不安は不安だけど、検査結果を信じるしかないねえ。
しばらくは安静にしとけー。
ユリアンも代表戦でちょっとやっちゃったときしばらく調子上がらなかったしね。

しっかし、そんな前半だけでもこのスタッツ・・・


アレがなかったら試合内容だいぶ違っただろうになあ・・・
ほんと今シーズンのうっちーは怪我ばっかりで大変だ・・・(´・ω・`)

ユリアンのFBにもうっちーに触れたコメント。

Arbeitssieg !! :D
Also mir ist es egal , gaaaaanz wichtig !

Gute Besserung an uchi , ich weiß wie sich das anfühlt ;)

Mit 3 Punkten ins Wochenende starten , Top !

ぐぐ訳
Work win! :D
So to me it does not matter gaaaaanz important!

Get well soon to uchi, I know how that feels ;)

With 3 points start to the weekend, top!

超訳(゚ω゚)

勝った!:D
絶対に負けられない大事な試合で勝ったー

ウシーお大事に!(早く良くなりますように)
ちなみに、どんな感覚か俺知ってるぜw

勝ち点3とった週末サイコー

って雰囲気かな?超適当w

公式も改めてお知らせメッセージきてた。
大丈夫って信じてるから、あんまり無茶させないでねー(´・ω・`)


04/28(日) 24:30 BL31(H) Hamburger SV 試合後インタ

シャルケ内田「仲間が相手と突っかかったら自分もフォローに行く」

―最初、先制点を変な形でとられてしまったが?
「そこから巻き返せるのはいいんですけど。もう少し楽して勝ちたい」

―結局、フンテラールがハットトリック。
「すごいね、あいつは。(点を)取るからね、ちゃんと。彼が入ってくれば長いボールも通るんでね。体をぶつけてキープしてくれるし。そういう面でも時間ができるから、サポートできる」

※シャルケTV直リン(要ログイン)

ほんと!もうちょっと楽して勝ちたいけれども。。。
まあフンテラ戻ってきて精神的にも試合展開的にもだいぶ余裕が出来てきたので
これでシーズン終わりまで連勝するっての、ネタじゃなく本気で願えるように
なってきたねー!(`・ω・´)

それにしても今回のインタはいつにもまして疲れてフワフワしてたようす。
聞かれたことをなんだか途中でわかんなくなっちゃうのはいつものことだけどw
大事にしているネックレス(とブレスのいくつかも?)を忘れちゃったりしてたみたいだし・・・

バストスとラファエルとの連携にだいぶ気をつかったのかな?
実際、前回にくらべてうっちーもバストスも、明らかにいろいろ動きも変わって
いろいろ調整したりしたんだろうなあとおもったもの。

前回のインタビューでこんなもんだ、とか言ってたけど流石だねえ。


04/28(日) 24:30 BL31(H) Hamburger SV

Dreier im direkten Duell – S04 gewinnt 4:1 gegen den HSV

シャルケ快勝
CL出場権争いで一歩リード

シャルケは前節でフランクフルトに敗戦。欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権が得られる4位争いのライバルに勝ち点差1まで追い上げを許した。さらに、今回の対戦相手となるハンブルガーSVは、最近の2連勝で4位争いに名乗りを上げてきたチーム。勝ち点差2で追う相手に対する敗戦は順位の逆転を意味するだけに、シャルケにとっては絶対に負けられない一戦となった。

 しかし、開始直後の5分、早くも失点を喫する。CKの場面で、ファーサイドのDFウェスターマンをフリーにしてしまい、そこからの折り返しをDFヤンゼンに頭で押し込まれた。嫌な立ち上がりとなったが、それでも気落ちする様子を見せず、仕切り直しを狙う。すると10分、守備的MFノイシュテッターがセンターライン付近でのボール奪取に成功。一気にカウンターを仕掛け、最後は膝の負傷から回復し、6戦ぶりに先発入りしたFWフンテラーがバストスの同点ゴールを見事にアシストした。

 これで調子を取り戻したシャルケは21分に追加点を挙げる。MFドラクスラーが巧みなボールコントロールでゴール左へ抜け出し、絶妙な折り返しでFWフンテラ-の今季8点目を呼び込んだ。前半はシャルケ優勢のまま試合が進み、2-1で終了する。

 後半も主導権を握ったのはシャルケ。58分には試合結果を決定付ける3点目が入る。ラファエルがドリブル突破からクロスを上げると、フンテラーが豪快なダイビングヘッドで自身のこの試合2点目を突き刺した。さらに、フンテラーは66分にもゴールネットを揺らす。GKアードラーの手に当たってコースが変わったドラクスラーからのクロスに見事に反応し、この日3点目となるヘディングシュートを決めた。4-1で圧勝したシャルケは勝ち点を49とし4位を堅守。5位フランクフルトとの勝ち点差を3に広げた。

勝ったでえええええ!!!!\(^o^)/
文句なしの快勝!!
シャルケに勝てば4位になれるっていうHSVの希望をポッキリ折ってやったぜええ!!

シャルケに足りないものは前々から前線でボール納められる人と決定力、って
言われていたけど、フンテラが戻ってきたらコレだけ結果出せたということで。
ファルファンもそろそろ始動し始めるらしいし、これからがたのしみじゃのー!

・・・楽しみっていえるって嬉しいな。・゚・(ノД`*)・゚・。

それにしてもやっぱりフンさんはスゲーなー!
コレが一流ってやつなのか
試合勘とかゴール勘とかそういうのよく言われるけど、そんなの一流には
関係なかったンやー(゚ω゚)

なんだか全然違うチームになったみたいだったなあ。

それでも守備の安定度はそのままに、前線が活性化しているのが明らかに
見えるってのがすごいなあ、ほんと。

もちろん得点を重ねるごとに相手が勝手に自爆して行ったってのもあるけどw

気になったといえばユリアンの膝とか調子とかがなんとも
上がらないかんじなのが・・・
なによりも本人の表情が試合中冴えない雰囲気なのが(´・ω・`)

アシストになった左サイドから切り込んできたときのキレのあるフェイントは
すごかったから、動けないわけじゃないんだろうなーとかおもうんだけど、
たまに足引き摺ってるみたいな動作することもあってちょっと心配になる。

今回も結局交代せずにフル出場なのは、そのへんだましだまし
乗り越えるよ、っていうことなのかなー

ファルファン戻ってきたら2列目の人員に余裕も出来るし、変に癖にならないよう
無理しないでほしいんだけど。

ユリアンはみんなのたからものなんだからね!(`・ω・´)だいじに!

あと、ジョーンズの試合勘のなさが危険な状態?
パスミスというかとっさの判断が一瞬遅れる感じ、、、自覚症状もあって
なんだか自分で自分にイライラしているように見えたよ。

ノイシュも同じような状況だったけどなんとかトンネル抜けてきた気配もあるし、
出てくれないと困る状況なのだから、慎重にやってほしいなあ。

変に自暴自棄になってタダでさえ荒いプレーが自分の首を絞めるようなことに
ならないといいけど(´・ω・`)


なんか対人が低すぎ?????
前回と同じくらいには、いってそうだけど??
修正はいるような気もする??


04/20(土) 22:30 BL30(A) Eintracht Frankfurt2

内田が乾に貫禄勝ち

【フランクフルト(ドイツ)島崎美紀】ドイツ・ブンデスリーガ1部は20日、30節の6試合を行い、当地では
MF乾貴士(24)のフランクフルトとDF内田篤人(25)のシャルケが対戦、フランクフルトが1-0で勝った。左MFの乾と右サイドバックの内田はとも
にフル出場した。乾対内田。この日はポジションが対面同士となり、直接競り合う場面が何度か見られた。前半12分にはフランクフルトの縦パスから両選手が
1対1となったが、乾が内田にボールを奪われた。経験値で勝る内田が抑えるシーンが、試合を通じて目についた。

 「(内田との勝負については)そこまで意識はしていないが、完全に負けた」と振り返った乾。試合には勝ったものの、内田を出し抜くことはできず、
「(個人的に)結果を出すことができなかった。そこが悔しい」とどこかスッキリとしない表情だった。一方の内田は「みんな試合中に文句を言うが、するとど
んどん雰囲気が悪くなる。誰かがミスしても淡々とやればいいのに」とチームの内情に苦言を呈した。

うっちーのファウルシーンの件に触れずに、ちょっと違う感じの切り口に。

今回ほとんどのテレビメディアでは、ファウル触れない(ジャッジは不可侵だしな)
状況でなんとなくふんわり乾が勝ちきった的にとりあげていたけど・・・
中日スポーツさんありがとう(゚ω゚)


04/20(土) 22:30 BL30(A) Eintracht Frankfurt

0:1 in Frankfurt – S04 verzweifelt an Oka Nikolov

フランクフルト 3戦ぶり白星

 来季での欧州チャンピオンズリーグ(CL)本選出場権を狙う4位シャルケと、欧州リーグ出場を果たすためにはこれ以上負けられない7位フランクフルトの上位対決。前節で下位のアウクスブルクに不覚をとり、2連敗中のフランクフルトはこの試合でも立ち上がりで苦労する展開となる。まずは10分、シャルケのMFバストスが対峙したDFの股下を通す見事なスルーパスから先制のチャンスを生み出すと、11分、12分にも同選手が起点となり、立て続けにフランクフルトゴールに襲い掛かった。

 しかし14分、乾が左サイドで仕掛け、GKヒルデブラントとDFラインの間に絶妙なクロスを送ったところから、徐々にフランクフルトもリズムに乗る。18分にFKからDFアンデルソンがゴール正面で強烈なヘディングシュートを放ち、19分にはMFローデの至近距離からのシュートがクロスバーに弾かれるという惜しい場面が続く。押され気味のシャルケは23分、先制の絶好機を迎える。右サイドのいい位置からのFKをバストスが直接狙うと、これがフランクフルトのMFアイクナーの手を直撃し、PKを獲得した。しかし、キッカーのバストスのシュートはGKニコロフに完璧に読まれ、均衡は崩れず。

 激しい攻防が続く中で迎えた39分、乾がペナルティエリア前でこぼれ球を拾い、叩きつけるような強烈なミドルシュートを放つ。完璧に枠をとらえたかに見えたが、惜しくもクロスバー上面に弾き飛ばされ、またしても先制点にはつながらなかった。ついに均衡が破れたのは41分、左サイドをドリブルで上がった乾が内田からファウルを受けると、このFKからDFルスがゴール正面で完璧なヘディングシュートをゴール右隅に沈めた。

 後半はシャルケが猛攻を仕掛け、同点ゴールに迫る。63分、途中出場のFWプッキからパスを受けたドラクスラーがゴール前で絶好のシュートチャンスを迎えるが、フランクフルトの守護神ニコロフが必死のセーブでゴールを守る。さらにニコロフは65分にもドラクスラーの強烈なミドルシュートと、直後のこぼれ球に詰めたプッキのボレーシュートを2本連続でファインセーブし、再三再四チームを救った。このままフランクフルトが1-0で逃げ切り、3戦ぶりの白星で不調が続く後半戦の4勝目を挙げた。

ひたすらくやしいいいいいい(´・ω・`)
途中の乾とのセットアップにかんしては結構いいセンいってたと思う
乾のドリブル追走で押し切ったとことか見てて楽しかったなあ
得点されたFKの件は誤審だと思うけれどまあ。。ねえ。。。

あいかわらず審判運はないけれど、イエローは最低限だったし
どうしようもないことだから気にしない・・・!

どっちかってーと、そもそも点がはいらんと勝てんわけです・・・
なんつうか、あれで点が入らない時点で勝てないです。
勝てないんですうー(´>ω<`)

・・・ヘーガー次節いないのは厳しいけどジョーンズ戻ってきたしッ
ギリッギリだけど繋がったー

ファルファンもフンテラも次ぐらいには復活できそうな話もあるし

次いこ次(´:ω:`)

内田「悪くはなかった」

――お疲れさまでした。

内田 疲れたぁ。

――残念な結果になった。

内田 まあね。取れる時に取っておかないとね、こうなっちゃいます。

――前半あれだけ押していたし、PKもあった。あそこで決めておけばな、という感じ?

内田 も、あるけど、まあ・・・。まあいいや、なんでもない、なんでもない。

なんだよw
まあ、言い訳するのはカッコワルイとか思ってんだろ(゚ω゚)

――(大腿部は)もう完治?

内田 いや、めちゃ怖いっちゃ、怖い。まだ暑くなるクリームみたいなの塗ってるし。余裕ってわけではない。

――まだ気持ち的に怖い?

内田 なんかね、日によって違うの。朝起きたり寝るときに、ん? て思う時もあるし、きょういけるな、って思う時もあるし。よくわかんない。気分屋だから。

まだまだ怖いねえ、、、、(´・ω・`)
とりあえず完治させろといわないから、何とか悪化させない方向でひとつ。
だいぶ走る速度があがってきたし、なんとかー

ユリアンの膝だってまだまだ本調子じゃないから怖い・・・


1 2 3 4 5 6 11