Other 一覧

復活

チームの調子が上がらないと更新欲も失せるよね、って話です(ヽ’ω`)

W杯が終わるまでには(遅)また更新が追いつくように頑張ります( ̄▽ ̄)


2014年スタジアム観戦予定について

とうとうJリーグ各チームのスケジュールが発表になりましたヽ(・∀・)ノ

→セレッソ大阪年間スケジュール

そんなわけで、あちこち調整して仮の遠征スケジュール組みました。

<2014年仮スケジュール>
03/05水 代表戦 vs NZL(国立)
03/08土 徳島vsC大阪(ポカスタ)
03/23日 鹿島vsC大阪(カシスタ)
04/06土 柏vsC大阪(日立台)
04/19土 F東京vsC大阪(味の素ス)
05/03土 名古屋vsC大阪(豊スタ)
05/17土 浦和vsC大阪(埼スタ)
05/27火 代表戦 vs ??(埼スタ)
←W杯期間→
08/02土 新潟vsC大阪(ビックスワン)
08/16土 川崎vsC大阪(等々力)
09/05金 代表戦 vs ??(日産ス)
10/26土 横浜MvsC大阪(日産ス)
12/06土 大宮vsC大阪(NACK5)

※その他天皇杯ナビ杯は決まり次第随時追加。

・・・なんだこのアウェー行脚ww

首都圏以外は徳島、鹿島、名古屋、新潟へ
お邪魔する予定となりそう(^o^)

いこうと思っていた遠距離のアウェーが前半戦に固まりすぎて大阪まで
行く余裕はあるんか謎w(´・_・`)
一ヶ月2試合まで頑張ろうとか思ってたのに、アウェーだけで埋まるって
ありがたいやらなんやらw

まあ曜さんのW杯後の移籍話がいまだにアレだし、確実に居る前半戦に
固まってくれてある意味よかったのかもしれない(´・_・`)

それにしても、遠征の話しするとセレサポより他サポのほうが
フォルラン楽しみにしてるような気がするんですけどw
。。。ご期待に添えられるといいなあ(^o^)


2014年。

本年も宜しくお願いいたします。

・・・て、10月から放置状態ですみませんでした。
なんやかんやと、セレッソ(というか曜)に日常生活を脅かすレベルでドはまりし
終盤はアウェーのみならずホームまで毎週通うというアホなことをしていたため
気が回らないのと、もともとシャルケ関係を中心としたブログのつもりで
はじめたので、なかなか腰が重く・・・・

とりあえず2014年は開き直ってセレッソとシャルケ、という二本立てで行くことにしました。
まあ自分のブログですから好きにやるのが当たり前~ということで(╹◡╹)

そんなわけで、時系列等もしばらく不思議なことになるかもしれませんが
マイペースに復活していきたいと思いますんでよろしくおねがいします。

・・・今年はアウェーどこまでいくことになるんかな・・・w
仙台、新潟あたりは日程君のサジ加減しだいでイキタイデース(‘ω’)


ザッケローニに必要な「勇気とバランス」 指揮官の決断が左右する日本の未来

ザッケローニに必要な「勇気とバランス」
指揮官の決断が左右する日本の未来

むしろ私は「メキシコよりも疲れが回復していなかった」ことを、指揮官があえて理由に挙げていたことを問題視したい。確かに、中2日での試合で、その間に
移動もあったことを考えると、非常に無理のあるスケジュールであったと言うのは分かる。しかしながら、中2日というのはメキシコとて同じ条件。しかも彼ら
は、レシフェよりもさらに北のフォルタレーザからベロオリゾンテに移動してきたのである。だからザッケローニは、ここで「疲れが回復していなかった」こと
を言い訳にすべきではなかった。

「(ドス・サントスについては)個人のコンディションも考えなければならないし、適切なポジションで彼の能力引き出し、なおかつ体力のことも考えないといけなかった」
「(ツートップの一角に据えることで)ヒメネスの特徴を変えることになるが、4-3-2-1、または4-3-3でも彼を生かすことが可能だ」

 つまりメキシコは、選手のコンディションや相手の特徴に合わせて、システムや選手起用に変化を加えても、それなりに機能するチームなのである。特定のシ
ステム、特定の選手に依存せざるを得ない日本とは、この点が最も違っていると言えよう。その意味で、デラトレ監督は非常にいいチーム作りをしているように
思えるのだが、W杯最終予選でなかなか勝てないためか(6試合終了時点で1勝5分)、メキシコ本国ではあまり評判がよろしくないようだ。メキシコの代表監
督は、本当に大変な仕事なのだなとつくづく思う。

これなあ。。。
日本代表はこういうことができるほど、層が厚くないってのが一番の問題なのだと思う。
オプション試せば試すほど(ヽ’ω`)ゲンナリな現状。くるしいねえ。

メキシコ戦の会見で、ザッケローニがあまりにも「休養が足りなかった」とか「体調が整わなかった」といった発言を繰り返していたので、「それならコンディションが良い控えの選手を積極的に起用する考えはなかったのか」と質問してみた。その回答はこうだ。

「先発は3人ほどイタリア戦から代わった。チーム全体を変えるとアイデンティティーを変えてしまうことになる」

 なるほど。とはいえ、選手のコンディションよりもアイデンティティーに重きを置いたがゆえに、結果として長友のけがを誘発したと言えるのではないか。そ
して、このアイデンティティーへの固執こそが、メンバー固定によるチームの硬直化を招き、戦術のオプションのなさや采配の迷走につながっているように、私
には思えてならない。この状況を打破するために、指揮官に求められるものは2つ。すなわち、限界を迎えた現状のチームをいったん壊すだけの勇気と、そこか
ら新しい戦力を吸い上げて再構築するバランスである。そう、まさに「勇気とバランス」だ。

ザッケローニがずっと提唱し、チームに求めてきた「勇気とバランス」。それは今まさに、他ならぬ指揮官自身に求められているのではないか。

なんかもっと深い意図があると思いたいぃ・・・(ヽ’ω`)


10/30(火) 28:30 DP(H).  SV Sandhausen

信じてはいたけど無事快勝ヽ(*´ー`*)ノ

怪我だの病気だののリハビリにはちょうどいいくらいの相手だったっぽいね
そんななかパパとジョーンzがイエローもらってたとか・・・

通 常 運 転 ww

それにしても昨シーズンだとこういう相手にもうかつな失点しそうな
チームだったのに、クリーンにおわれてよかったねえ。
あと交代枠でへべがずっとCBで固定でRSBを調整してたとか。
ヒルデブランドがGKで出れてたとか良い良いヽ(´ー`)ノ

サッカー=ドイツ杯2回戦でシャルケ勝利、内田欠場

サッカーのドイツ・カップ(杯)は30日、各地で2回戦の試合を行い、内田篤人の所属するシャルケは2部のザントハウゼンに3─0で快勝した。内田はベンチ外だった。

主力8人を温存して試合に臨んだシャルケは、前半11分にイブラヒム・アフェライが先制点を奪うと、後半17分にチプリアン・マリカがバイシクルシュートで追加点。後半34分にはクラース・ヤン・フンテラールが3点目を決めた。

なぜこの写真つかったしw絶対ウケ狙ってるだろw
パパの愛情表現は濃いよーwマリカ固まってないか?


内田「仮病です。大丈夫」/ドイツ杯

シャルケのステフェンス監督は前日に「ひざに違和感のある内田の出場は微妙」とほのめかした。試合後、私服で報道陣の前に姿を現したDF内田篤人は「仮病です。大丈夫」と笑った。欧州チャンピオンズリーグを含めて試合が多く、格下相手のカップ戦で休みを与えられたことを明かした。

これほど信用できない仮病よばわりはないわwwwww


2回戦でも賞金でるんだね。
513,000ユーロ・・・ 今レートが103.08だったから5288万円(*`ω´)イイネ!オトク!


1 2