Cerezo_Osaka_LeagueD1 一覧

10/19 セレッソ大阪vs湘南(キンチョウ)

 

第29節 2013年10月19日  19:04~
【キンチョウスタジアム】 入場者数:15,766人

首位との勝ち点差や残り試合を考えると、勝利以外はないという意気込みで臨んだ試合だった。
 日本代表のヨーロッパ遠征から戻ったばかりの柿谷と山口、U-18日本代表遠征に参加していた南野も先発メンバー入り。柿谷と2トップを組んだ杉本、南野が運動量をいかして相手を押し込むと、山口やシンプリシオも前線に進出してチャンスに絡むなど、この試合にかける気合いを全面に出したプレーが続いた。
 7分には丸橋が惜しいFKを見せると、12分には波状攻撃でシュートを浴びせた。さらに16分には、南野が強烈なミドルシュートを放つなど、優勢に試合を進めた。
 が、ワンチャンスから失点を喫してしまう。28分、左からのクロスをFWステボに頭で合わされてリードを許した。チャンスに決めきれず、逆に先制される嫌な流れになりかけたが、その後もセレッソがボールを支配。41分には、丸橋からのボールを扇原が中に折り返し、最後は杉本。きっちりとゴールに押し込んで、同点にした。
 後半に入ってからも自分たちのリズムで試合を進め、56分には左CKを杉本がヘッドでつなぎ、最後は柿谷。ヘディングシュートを決めて逆転に成功した。
 そのあとは、満員のスタンドからの声の後押しを受け、ディフェンス陣がきっちりと踏ん張り、1点差を死守。2-1で貴重な勝点をあげてリーグ戦3連勝。順位をひとつ上げて4位に浮上した。

初キンチョウスタジアム観戦(^o^)
だんだん自分内部で盛り上がってきて、どうにもこうにもじっとしていられず
とうとう大阪遠征まで行くようになりました(そしてそのまま最終節まで爆走)

後悔は全くしてない(^o^)

やっぱり、何事もやらないでする後悔よりもやってする後悔。
(やって後悔することあんまりないけどw)

行動するってほんとだいじ。

というわけで観戦確定後、おにゅーの一眼カメラ(Canon60D)も衝動買いw
どんだけつっぱしるんだろう、と周囲に生ぬるく見守られております・・・


観戦はここから。

しっかし、雨。この撮影の時点ではぽつりぽつり・・・・

このシーズン、雨に当たらずに来たというのに(川崎戦のみ)よりによって~~と思いつつ
雨を気にしながら、おにゅーカメラを出したところで「・・・あれONにならな・・・?い??」・・・・

・・・自宅に電池忘れてきてました・・・

アウェー浦和戦に引き続きorz ヤッチマッター
まあ、幸い2台体制だったから、基本的に慣れているほうのカメラで撮れたので
ヨカッタのダケド。・゚・(ノД`)・゚・。

試合のほうは無事勝利。
雨が強くなってくるころに集中力が切れてきたのか失点したりと
ちょっとあわただしいトコもあったけれど、まあ勝ったから!勝ったからよいのだ(^o^)

おしゃしーん。(Twitterにもあげてあるけど)

やっぱり距離が近いのと、動きあまりないのでFZ200ちゃんでもきれいに撮れた(^o^)
黄色く撮れがちなキンチョウでなぜかうまく自動設定がハマって色もきれいに~

この集合写真のときにあんまりにも撮れやすくて一杯とっているので、
極力全員がちゃんとした顔で写っているのをチョイスw

チャームポイントは左目の二重です(本人談)

我ながらなかなか良い感じに取れてるんじゃないかしらと自画自賛(*╹◡╹*)
左目のキャッチライトがとても綺麗に入ってる~。可愛く撮れた。

まゆげ家出中だけど(^o^)

試合前いつもちょろっとだけジンヒョンとしゃべってるの多いけどなにはなしてるんじゃろね。

見上げたかんじがなんだかぴゅあぴゅあ(╹◡╹)
あんまりみたことのないような幼い表情になりますた。

試合開始直前・・・
このあとガッツリ雨降ってきたので、カメラ出す余裕も無く(ヽ’ω`)

最近気づいたのだが、つむじとかうなじとかもそうなんだけど、このぽわぽわ毛が
ツボにはまっているもよう。

猫の長毛短毛ミックスとかにいるようなぽわ毛というか
生え変わる前の子猫が2段階にぽわぽわ毛になってるみたいなのがええのん。

ヒーローインタビューを略してヒロインと呼ぶのはどうしても抵抗があります派(ヽ’ω`)

インタでいいじゃん。。。。
いつもヒーローの対義語にしかおもえないだよ。。。

つんつんヘアー

あとは動画で~

おまけ


10/27 J1-30節 サガン鳥栖vsセレッソ大阪(ベアスタ)

第30節 2013年10月27日  19:04~

ただただひたすら悔しい敗戦。

ココのところずうっと日本代表もそうだしセレッソもそうだけど繋ぎすぎー(´・ω・`)
パスサッカーは好きだけど、まわしているだけじゃ無駄な体力の消耗の
きがするんだよねえ・・・

崩すためのパスじゃなく、時間稼ぎのためだけのパスに見える。
挙句にそこをDFに突かれてパスミスからのカウンターでぐだぐだ。
何回見たんだろうねえ・・・

ミスはどうしてもつき物のたぐいのスポーツだからミスすることそのものは
まあいいんだけど、前半は比較的相手のバイタル~中央くらいだったから
そこまで致命的でもなかったけど、だんだんやらかす位置がじりじり下がっていくのは
いやなかんじ。。。とおもったら失点。

2失点ともDFラインの決壊とかそういうものではないけれども
そもそもその前あたりのプレーがちょっとグズグズだったり
肝心要の前線の崩しがイケてないのが、せつない。。。

鳥栖がセレッソのパススピードにギリギリついてこれるかこれないかくらいだった時間帯に
前線が一点も取れなかったのが一番の敗因じゃないかと思う。
ただでさえ、メンタル弱い子おおいんだから、追い上げるの
苦手の気がするのよね(´・ω・`)

今年から見ている身としては今までのザルッソと揶揄されていた時期は知らないのだけど
いっそのことシーズン中にそいう時期があって、メンタル的に鍛えられてたほうが
チームとして強かったんじゃないかと、思ってしまうよ。

そいや、曜さん最近ブームなのか良くやっているGKへのプレスのスライディングが
一本きまってたねw
ああいうのは続けていかないとね。

・・・ってGKにだけじゃあんま意味ねーだよ。。。
もうちょっと前線からのプレスやらんの?
セレッソとしては体力温存>プレスという戦術なのはわかってるけど
1TOPとしてのカウンターをあんまりやってないんだから温存しなくてもよくない?

微妙にもうひとおし、物足りない~(´・ω・`)
特にブンデスリーガの試合見た後だとなあ。。。

もちろん、ブンデスと同じことをしたら日本だとがっつりファールになっちゃうんだけどさ
それでも、ボールホルダーに対してもう少し寄せてもいいんじゃないの?
その位置だったら取れたら儲けもんなわけで・・・うーん。。。

とりあえず、異例の5連オフに入るそうだし、選手達は変に焦ることなく
メンタル落ちるところまで落として、美味しいものでも食べて、シッカリ休んで
また這い上がってきておくれ。

きっと君達ならできるよ。


第28節 J1-28節 大分トリニータvsセレッソ大阪(大銀ド)

【大分銀行ドーム】 入場者数:11,045人

10月最初の試合では、敵地、大分銀行ドームに乗り込んで、J1残留に後がない最下位の大分と対戦。南野、枝村が先発に入り、シンプリシオとエジノがベンチスタートとなったなか、悲願のタイトル獲得に向けて勝利のみを狙ったセレッソは、立ち上がりから攻勢を仕掛ける。
 すると、33分、先制に成功。右サイドからワンツーで中へ切れ込んだ酒本が、右アウトサイドでクロスをあげる。これをファーサイドの柿谷がオーバーヘッド気味に合わせると、折り返されたボールを、ゴール前に詰めていた南野がヘッドでゴール。「ごっつぁんゴール」という南野だが、自身にとって大銀ドーム2戦2発目となる得点を記録。これでセレッソが主導権を得た。
 前半を1点リードで折り返し、後半にも追加点を狙いに行ったが、「もっともっと点を取れるチャンスはあった」(扇原)にもかかわらず、柿谷、杉本、途中出場の楠神らに訪れた絶好機を決めきれない。
 そのうち、ホームで何としても勝ちたい大分に、カウンターやセットプレーからピンチを招くシーンもあったが、守備陣の集中は途切れず、相手を零封し続けると、終了間際に扇原、柿谷、枝村とヘッドでつなぎ、抜け出した途中出場のエジノが冷静にゴール。この1点で、勝負は決まった。結局2-0で大分を下したセレッソは、約1カ月半ぶりとなる連勝で、首位との勝点差を6とした。一方の大分は、この敗戦により、J2降格が決まった。

【C大阪】柿谷、アシストV争い残った「勝ち点3が欲しかった」

柿谷が「何より勝ち点3が欲しかったんで良かった」と言えば、左膝負傷から復帰した南野は「(柿谷)曜一朗くんがしっかり折り返してくれた」と照れた。

勝ったでー\(^o^)/ ヒャッホーと手放しに喜ぶ雰囲気が
ちょっとしんどい大分降格がかかっていたこの一戦。
たまたま前シーズンに昇格のPOを見てて、おめでとーとやったチームだっただけに・・・
・・・まあPOも純粋な実力というより運の巡り合わせ的な雰囲気だったしなw
とりあえず、当然勝つって思ってはいたけれどサッカーは最後のところで何が
起きても可笑しくないからなあ(そこがおもしろいんだけど)
時間帯によってはちょっと怖いことも無くは無かったけど
おおむね圧倒できたのかな?
今回の試合、拓実が戻ってきただけにしてはだいぶ曜さんのポジショニングが
変わっていたような?
442ということになってたけど、4231っぽくもあり・・?
ここんとこ試合を経るにつれ1TOPのはずの曜さんがセンターライン超えるあたりまで
守備しにくるようになってるような気がする。
んで今回はたくみくんが入ったから更に降りてくる余裕が出来ててたのは
判るんだけど、どっちかってーとたくみくんとけんゆーが2TOP?ポイ感じにも
見えたりなんだり??
代表の1TOPで求められているものと、セレッソで求められているのが
ぜんぜんちがうから、違うポジショニングなのは当たり前なんだけど。
とはいえ、前線からの守備意識、というか守備方法は変えているのが
特にわかりやすい変化かなあ。
GKへのプレスなんて、いままでやってようなきがするんだけどw
(やればいいのになあって思ってた)
今回は2回もスライディングやってたw
・・・あれってGKの妨害(ファール対象)にならないかとおもってひやひやしたけど
ルール上、キックだったらスライディングしてもファールにならんのかね?
まあ実際ボール取るというよりほんのちょっと前の部分にスライディングして
プレッシャーかけるみたいなかんじになってたように見えたからいいのかね。
こゆふうにわかりやすくシーズン中に変化があるとおもしろいねえ。
見続ける甲斐があるというか(・∀・)
無いものねだりなのは判っているけどブンデスみたいに公式スタッツがほしいいいヾ(:3ノシヾ)ノシ
感覚と数字が乖離することもそれなりにあるからそういうのも見て楽しみたいぞ~
[ J1:第28節 大分 vs C大阪 ] クロスボールをオーバーヘッドで折り返し、
南野の得点をおぜん立てした柿谷曜一朗。

このおしゃしん超絶カッコイイ(゚ω゚)
やっぱサッカー選手は試合で躍動してナンボというかんじやね


9/27 J1-27節 セレッソ大阪vsジュビロ磐田(キンチョウ)

第27節 2013年9月28日  18:04~
【キンチョウスタジアム】 入場者数:15,704人

5戦引き分けでどうにもこうにもジリジリしていたわけだけど
今日の試合の結果はどっちのチームも今シーズンらしい展開だったんじゃないかとw

セレッソ>螢かタカからいいスルーパス→曜のおちついたGKとの1vs1&山ちゃん無双
ジュビロ>試合展開は決して悪くないのに勝てない・・・

まあ、磐田のほうは普段の試合を見ていないからわからないけれど
前半のしんどさは、流石日本代表の選手が居るチームだなあと。
・・・・しかし、やっぱり今呼ばれていないことも、納得のアレ(ヽ’ω`)

前半の気合は認めるけど、あんだけ(お互い)パスミスしてちゃねえ・・・

兎にも角にも後半開始直後に1点取ったところが展開の分かれ目だったのだと思う。
前半の中盤から前線あたりのパスミス(これはまあ位置は大丈夫だったけどねえ)が
ちと嫌なムードだったけど、あの1点のおかげで余裕がでたというか
パスが丁寧になった印象。
やっぱり開始がいつもと違うフォメだったから、合いにくかったのかしらん?
442から4231に戻ってからはいつもどおりの安定だったし。

それと、たくみくんの復帰が嬉しい\(^o^)/ばんざい
なんだかんだいって、復帰後一試合目だというのにやっぱり居るとなんか
ちがいが出てたと思う。丸もだけど。

まあ優勝は流石にアレだが、ちょっとでも上に行って欲しいから
ここからは無理の無い程度に無理をして上がっていってほしい。

とりあえず、つぎは大分。
残留争いをしているギラギラしてるとこと続くけど勝ちたいねえ\(^o^)/

【C大阪】柿谷、新記録狙ってた?/J1

2試合連続ゴールとなる今季16点目を決めた柿谷は「(引き分けが続いていても)イライラすることはなかった。
僕がイライラしても(エースに対して)誰も
何も言わへんから、いつも通りやればいいと思っていた」と明かし「新記録狙ってたんですけどね」と、久々にジョークも飛び出した。

公式がスルーした(と思われる)冗談も拾われてしまう曜さん(;’ω`)


9/23  第26節  C大阪vs柏レイソル(長居)

【大阪長居スタジアム】 入場者数:33,174人

前半は、相手にペースを握られた。連戦の疲れを見せず、速い出足でボールを奪うとセレッソ陣内に攻め込んできた。
対するセレッソも山口が持ち前の激しいディフェンスを見せて、チャンスメイクするなど食い下がったが、攻撃のリズムはなかなかよくならない。
前線の柿谷が孤立するような場面も見られた。38分には、ミスからピンチを招き、最後は相手のエース・工藤にゴールを奪われてしまう。1点ビハインドで前半を終了した。

「攻撃のパワーアップを図ろうとした」と、レヴィー・クルピ監督はハーフタイムに早くも2枚の交代のカードを切った。
ボランチの山口とトップ下のエジノを下げて、楠神と枝村を左右のMFに据えたのだ。
この2人が入ったことで、前線への推進力は明らかに増した。が、やや引き気味になった相手を崩すのは容易ではなかった。

それでも、何度かチャンスを作り、相手陣内でのプレーが増えると、33,174人で埋まったスタンドの雰囲気は次第に盛り上がっていった。
大きな手拍子が響くなか、83分、ついに同点ゴールが生まれた。杉本が頭でつないだボールを走りこんだ柿谷がダイレクトでとらえ、鮮やかにゴールを射抜いた。
歓声に沸くスタンドからは、「あと1点」の思いがほとばしった。
しかし、猛攻は実らず、1-1のまま試合終了。ついに5試合連続のドロー、待望の勝利はまたもお預けになった。

前半は遠出していたので車中でスカパーオンデマでちらちら見つつの観戦なので
ちょっと、ちゃんとは見れていないのだけど・・・

△△△△△、、、、 _| ̄|○

5戦連続の引き分け。
名古屋→仙台→川崎→横浜M→柏・・・と、流石にどっかには勝つだろうと
思っていたらぜんぶ引き分けだなんて・・・
もちろん勝ち点1が大事なのは重々承知の上で言うけど
気分的には負けるなり勝つなりスッキリしたかった(ヽ’ω`)

磐田→大分→湘南→鳥栖では本気で勝ち落としたくない・・・けど
・・・・・・・なんかうっかり落としそうではある・・・イヤァァァ

ずーっと言ってるけど、くっすんが、なあ・・・
もうちょっと、もうちょっとなんだよ! うーん。。。。。
なして混雑地帯中央突破ばっかりしようとするのん・・・・
そこまでドリブルにこだわるなら最後のフィニッシュを、パスかシュートまで
もっていくべきなんだし、2、3人目あたりで引っかかってばかりの印象。

・・・まあ、それができたら点はいってるよね(´・ω・`)

レヴィーのコメントからも、そろそろテストのタイムアウトのランプの点滅を
感じるのだが・・・はてさて。

とはいえ、今回の柏戦に関しては、正直「柏はしっかり守備で走ってるなあ」というかんじで。
セレッソ側も決して気迫負けしてたわけじゃないんだけど、ひたすら空回りの印象。

若いメンツが多いチームだからなのかなあー
こう、なんか、気負いすぎ?力みすぎ?そんな感覚。

それにしても、螢までもがなんだかぴりっとしない・・・。
19日あたりの練習でどうも芳しくない雰囲気だって練習見学のひとが
言ってたの見かけたけれど、ほんとどうしたのよー
なんか覇気がないぞ~う

ここのところ、曜が(試合でもメディアでも)がっちがちにマークされてて
必然的に螢もとりあげられたりなんだりして、プレッシャーが・・・とか?

曜もなんだかいろいろ空回りだし、試合後のインタ見たら
結構肌荒れしてるぽいし?(´;ω;`)

スカパーには退場時に「あー!もー(怒)」と叫んでるの撮られちゃったけど・・・
わたしにとってはセレッソの2列目の連中に、言いたいぞw
ええかげんに曜さん以外のひとたち点とれやー

まだまだシーズン途中なんだからこんなとこで、足踏みしている場合じゃない。

丸ちゃんも帰ってきたし、そろそろたくみくんも復帰の目処が立ちそうな雰囲気なわけで。

メンタルコントロールとか、こういうのを乗り越えないと、ね。

きみらなら乗り越えられるって信じてるぞ。

最後J’s goalより
・本日のC大阪ホームゲームでは南野拓実選手が新人研修を実施。
報道関係者への受付対応を行っていました。

なんかハゲワロタwww
似合うわw

それにしてもJ’sGoalのほかの記事見て思ったけど最近の曜さんの
おしゃしんの目がしんでおるΣ(´Д`lll)

本格的な雑誌の撮影用カメラマンならなんとかしてるっぽいけど
普通のメディアの何気なくとったスナップレベルとかサポとの写真とか
無表情というか無我の境地というか、うつろ。。。。
ちょっと、やすんだほうがいいのでは、ないかとかおもってしまうわけなんだが・・・(´・ω・`)

でも、休めないよねー・・・・・・


1 2 3 4 5 6 7 11