Cerezo_Osaka_LeagueD1 一覧

2014-10-26 横浜FMvsセレッソ大阪(日産スタ)


 第30節 2014年10月26日  19:00~
【日産スタジアム】 入場者数:27,384人

J1残留へ向け、連勝を目指して挑んだ横浜F・マリノス戦。
セレッソは、前線ではカカウが3試合ぶりの先発出場を果たし、ボランチには、前節は欠場したキム・ソンジュンが復帰。前半は、相手の指令塔である中村俊輔をケアすると共に、「奪ったところから速い攻撃で、という意図で挑んで、何回かチャンスも作った」(大熊監督)。
ただし、「トップに入った時のサポートが遅く、少し攻撃に厚みが出なかった」と指揮官も話すように、相手を押し込んだ中での決定的なチャンスは作れず。それでも、横浜に決定機を与えることもなく、0-0で前半は終了した。
後半に入り、立ち上がりはセレッソが攻勢を仕掛ける。
48分には南野のCKから山下がポスト直撃の惜しいヘディングも放つなどゴールに迫るが、次第に横浜の攻撃の前に、防戦を強いられる展開となった。
68分には、相手の決定的なヘディングをキム・ジンヒョンが素晴らしいセーブで阻止。
以降も、「(藤本)康太もヤマ(山下)も体を張って守ってくれた」(キム)と、守備陣は一丸となって最後まで失点を喫することはなかった。一方で、攻撃に関しては、「低い位置に下がって守備をしていれば、ゴールまで遠くなる。
自分たちがボールを持つ時間も短かった」(扇原)と前に人数と圧力をかけることができず、「効果的に崩した場面は少なかった」(南野)。
それでも、「終盤まで0-0で試合が進めば、アウェイということもあって、勝ち点1を拾うことは頭に入れて戦った」(扇原)と、後半アディショナルタイムに失点して0-1で敗れた第28節・鳥栖戦の教訓が生かされた形となり、「最低限の結果」(藤本)である勝ち点1は持ち帰った。
残留を争う仙台、大宮、清水が今節は揃って敗れたこともあり、残留圏の15位との勝ち点差は1に縮まった。「当然、3を取れれば良かったけど、ポジティブな勝ち点1と捉えたい」と大熊監督も試合後に総括。
次節の甲府戦、次々節の仙台戦と、残留争い直接対決に、すべてをかける。

ものすごく久しぶりにセレッソ観戦。
曜一朗の試合が最後だったからなんと3ヶ月ぶり( ̄▽ ̄;)
日産スタは近いのでせっかくだからと参戦した上に
アウェー席もだいぶ余裕があったので以前から一度座ってみたかった
メイン席どセンターを取ってみた……ら近すぎてバーとか報道陣が
邪魔だったwww

正直代表練習とかで近いところにいったことはあるはずなのに
試合観戦するとやっぱりちがう。
傾斜もゆるいので1F後ろ目に行きたいところだけどその分距離もちょっと長くなる。
痛し痒し(._.)

んで試合のほうは・・・

……予想はしてたけど、、、うーーーん。
まあどちらにせよ、最終的な結果から見たらこの試合の結果はそこまで
影響は無かったけれども…
こういう試合に勝てないからこそ勝ち点がつみあがらないという
象徴的な試合だった気がするのは言いすぎかな。

正直動画は撮ってないので今回はお写真のみ~

-IMG_9818.jpg

なんだかアンニュイないばさんw
実はイバさんを見に行ったといっても過言ではなかったりするww

IMG_9825.jpg

このときが結局国内で拓実を見た最後の試合になっちゃったな。

-IMG_9847.jpg

整列が目の前でみれるーとおもったら高さが足りずに報道陣に埋もれた笑

IMG_9854.jpg

殺気を放つ拓実ww

IMG_9865.jpg

-IMG_9895.jpg

後半アップ中のいばさんはあまりちゃんとアップやらずに試合みてた・・・
監督かとおもう勢いで笑


3/1  セレッソ大阪vsサンフレッチェ広島(長居) その2

つづきー
試合開始前~

キャプテンほたるのピッチでの初仕事!
青山君も今シーズンからキャプテンなので新キャプテン同士(`・ω・´)

どうでもいいけど、今シーズンから足首のテーピングが紺だか黒色になったのが
地味に嬉しいw
あの白いの、目立つんだもんw

びしゃびしゃしながらお仕事中のほたるを待つ。。。

新加入の選手も増えて色々微妙に昨シーズンとはかわったりなんだり。。。
いつもの、というかんじからマイナーチェンジ。

相変わらず試合中はあんまり撮って無いので、お写真は少しだけ。

懸念していた、ユニ色が鮮やか過ぎて写真撮りにくいんじゃないか問題は
むしろ逆に雨の日でも鮮やかで見やすいというメリットがw

意外と新聞記事とかになると蛍光が沈んでいい感じに桜色。
ピッチ上で背番号も見やすいしね。

そういえば初フォルラーン、と思いきやウルグアイ代表として宮城スタでみたはず・・・
・・・・・・・全く記憶に無いヽ(・∀・)ノ

よくよく確認してみたらブログの記事すらまとめてなかった・・・
やりかけ放置でした(´Д`lll)
そりゃ記憶が無いはずだ(←そうしないと忘れてしまうひと)

いまだになかなか調子があわせ切れて無いけれど、はよ覚醒しておくれヽ(・∀・)ノ

青山君は神ファンサのせいで、なんだかイメージが変になっている気がしなくも無いが
新しいエピソードを聞くたびになんとなく納得してしまうので、合っているのかもしれない。

そんでもってー

しあいはー

orz|||

ようさんグラグラフラフラしとる(´・_・`)
相変わらず、負けると周囲の人と最低限のコンタクトしかとらんな~

そんななか寿人がきたら流石に対応、っていうか話したがってるぐらいのレベル(^o^)
いばさんが水くばりに来なかったらもうちょっと話し込みそうな雰囲気w
一応相手チームだぞw

話しかけたら機嫌の悪い猫のようにフーシャー(Φ△Φ#)しそうなオーラが・・・w
実際、別の試合で一度そんな雰囲気のときあったしな(´・_・`)

今まで見てきた感覚ではイバさんか丸ぐらいしか無理w

というわけで、開幕戦はここまで。

おまけ。

座席からの写真。
カテ1一般販売席だけど隣のブロックはシーチケ席。
試合は見やすいけど、この辺で一年間通すとしたらちょっと遠いなあ・・・


3/1  セレッソ大阪vsサンフレッチェ広島(長居) その1

 第1節 2014年3月1日  14:04~
【ヤンマースタジアム長居】 入場者数:37,079人

2014シーズン開幕戦、ランコ
ポポヴィッチ新監督率いるセレッソ大阪は、小雨の降るヤンマースタジアム長居に、リーグ戦2連覇中の王者・サンフレッチェ広島を迎えた。新キャプテンの山
口、2トップの柿谷、フォルランをはじめ、ベストの布陣で臨んだセレッソは、積極的に高い位置でボールを奪い、立ち上がりからゲームを支配。7分には柿谷
がGKの頭上を狙うループシュート、27分にはフォルランがJリーグ初となるダイレクトシュートを放ち、ゴールこそならなかったものの、長居に駆け付けた
3万7,000人の観客を沸かせた。
対する広島も、青山、野津田らがゴールに迫るが、山下・藤本のセンターバックコンビを中心に落ち着いて対応。ジンヒョンも好セーブを見せ簡単にはゴールは割らせず、前半はスコアレスドローでの折り返しとなった。
後半も、扇原の好パスなどに前線でフォルラン、丸橋、南野らが絡んでチャンスを演出したセレッソだったが、徐々に不用意なパスミスなどから広島にペースを譲り、71分には先制を許してしまう。

対に負けられない開幕戦、流れを変えるべく、杉本、カチャル、楠神を投入するも、広島の安定した守備を崩すには至らず、そのまま0-1で試合終了を迎え
た。開幕勝利こそならなかったが、シーズンはまだまだ始まったばかり。チームの意識はすでに次なる戦いへと向いており、ポポヴィッチ監督は「この悔しさを
次のモチベーション、力にし、こうしたタフな試合をモノにする強さを身につけていく」とコメント。
柿谷も、「0点だったら勝てない。僕ら前の攻撃陣の責任」と悔しさをにじませつつも、「悪いところを直して、次はサポーターのために絶対に勝つ」と古巣・徳島ヴォルティス戦での必勝を誓った。

いよいよ新シーズン開幕です(*^^*)

開幕戦は自宅観戦かなーと当初は考えていたものの・・・
(翌週は徳島遠征確定していたし)なんだかんだと
検討した結果、参戦しました(・∀・)

まあ残念な結果になったわけですが、お相手がお相手。
多少メンバー抜けたとはいえ昨シーズンの優勝チーム。

やっぱりなんだかんだいって強かったなあ!

小雨がぱらついてはいたものの、カテ1だったので濡れることなく撮影できてヨカッタ(*‘ω‘ )

選手入場前のゴル裏~
POWER AND THE GLORYのとき。 

さすが開幕戦。ぎっしりね。

今回のコレオはこんなかんじ。
いっつもセレッソはシンプルだよなーとおもいつつ(ヽ’ω`)

ちなみにビックフラッグが観客席に上がるときってのは大体選手が
入場してきたりのタイミングだったりするので撮影中の私自身はほとんど見ていないので
感想が言えないという笑

なんかカッコイイ(ノ*°ᆺ°)ノ
ざ・対決!ッてかんじで。

ところで↑写真でわかるように、開幕戦は観客数を入れられるだけ入れたかった、とか
広島さんとはほんのり友好的な雰囲気のせい(選手達も仲良いしね)もあったのか
スタンドに緩衝帯ブロックがナシという、私自身ははじめて見た風景だったりする。

特にその点絡みのトラブルも耳にしなかったし・・・

こいうことが成り立つチームの雰囲気が、なんだか誇らしいね(*‘ω‘ )

ぬるいぬるいといわれようが、そのくらいのほうがわたしは好きだな。

あとはいつもの動画~

入場~練習開始。
キャプテンと副キャプテンは端っこと端っこで整列したので
一瞬?!となったが、結局いつもどおりのコンビだった。表情は固い(´・_・`)

おしあいへしあい部分は前の動画参照。
なんでこのタイミングで切ったんだわたし(´・_・`)

ぽぽ(と新しいフィジコ)が来てからはじまった新しいトレーニング、面白いね。
こういうところに監督の独自色が出てくる。

しかしのごっつんこは何度みても、たいしたトレーニングに
なっているような気がしないw

かわいいからいいけど←

基本ようさんカメラだけど開幕特別記念でちょっとフォルラン多目w

ポポがきて新しくやるようになったけどトレーニングになっている気のしないののパート2w

今年のOPはこんなかんじ。
ちょっと油断して頭から撮れてません\(^o^)/

選手動画もぼんやりしていて途中からという体たらくww

まだ試合開始して無いけどw
つづく。

オマケ。

なんだかんだとヘリコとびまくりw 映像はどこかで流れたのかな~


12/7 浦和レッズvsセレッソ大阪(埼玉)その2

つづきー

前半撮れなかったいつものー\(^o^)/
気合はいってるね

おしゃしんもちょっとだけ。

ようさんのぱんつが緑色ついてる
たぶんGKにスライディングでプレスしたときのかな?

いつも、白ユニのときに汚れないなーとおもってたけど、目立たないだけで
結構芝の色がつくもんなんだね。

CKからのセットプレイはいつもファーに居るけど・・・
たまにはけってみれば良いのにとか思うんだけど丸シャケいるかぎりやらんかなー
これからはフォルランもいるしな。

てなわけで、まあ試合結果はアレでナニで快勝。最後はゲラゲラ笑いながら見ておりましたw
ゴールで拍手はしても、回りの知らない人とハイタッチとかしないほうなんだけど
あまりに自分も周りもテンションが上がってワイワイやってしまった∩(´∀`)∩

いろんな意味でユカイな最終節でした(‘ω’)

2014年のリーグ戦はこれにて終了。最終的に4位となりました。
この後にあった天皇杯で上位が優勝したためにくりあげACL出場決定。

たらればを言ったらばいくらでもいえるけど、勝てるはずの状況からひっくり返されるという
メンタル的に、うーん、、、な試合もあったわけで。
個人的に相応な順位、じゃないかと思う。

ま、鹿島戦で勝ててたら言うこと変わってたろうけどな(゚ω゚)
正直、気持ち的に鳥栖甲府戦よりこっちの負けのが痛かったw

山田直輝と仲いいんだねー
アンダー時代のことはほとんどしらんので交友関係は、こういうときにはじめて知るw

他のメンツはなんかわいわいやってたのにさっさと帰っちゃうようさん(‘ω’) オツカレサマー
こういうとき、いっつもさくっと戻っちゃうよねー。

自分も、浦和がタリ~さんの引退セレモニーやっている隙にとっとと脱出。
(凄い規模のコレオグラフィーだったの後から見た。せめてそれだけでもみればよかったw

入場者数の割には浦和美園は普通に(といっても入場規制は掛かっていたけど)入れたので
さくさくと帰宅。翌日は朝早いからな!(`・ω・´)

というわけで2013年シーズンのエンディング(ファン感デー)、

そして、ボーナスステージ(JリーグAWARDS)へ。。。。。


12/7 浦和レッズvsセレッソ大阪(埼玉)その1

第34節 2013年12月7日  15:34~
 【埼玉スタジアム2002】 入場者数:54,905人

2013年のラストマッチは、まさにレヴィー・クルピ監督のサッカーの集大成になった。
立ち上がりから、両チーム互角の戦いが続いたが、前半24分に相手のシュートが決まり、リードを許してしまう。その後は、柿谷、杉本、南野が前線から精力的なプレスを見せて少しずつ、セレッソが主導権を握り始めた。
 35分には、パスカットから柿谷が惜しいシュートを放つと、40分には酒本のクロスを杉本が押し込んで同点に。さらにアディショナルタイムに入ってからは、右サイドを起点に、柿谷がシュート。そのこぼれ球を詰めていた南野がプッシュして、逆転に成功した。
 
後半は、セレッソがさらに相手を圧倒する内容になった。53分には、パスをつないで、最後は柿谷。角度のないところから鮮やかなシュートを突き刺して、
リードを2点に広げた。72分にセットプレーから1失点を喫したものの、優位は変わらず、17分にも柿谷がゴール。交代出場した枝村のシュートがクリアさ
れたところにきっちり詰めた形だった。さらに、南野がこの日2得点目となるゴールを落としいれ、ゴールラッシュを締めくくった。
 結局5-2の快勝。ただ、川崎フロンターレも勝ったため、勝点1差で最終順位は4位。惜しくもACL出場圏内である3位以内はかなわなかった。
「天皇杯で上位が優勝してくれたら、出られる可能性がある」と、杉本。タイトルは取れなかったが、来年につながる大きな勝利であったことは間違いない。 
 試合後はサポーターの前で、選手たちがレヴィー・クルピ監督、ホドウホコーチを胴上げ。今季でチームを去る名将とのわかれを惜しんでいた。

2013年最終節。GWから行きはじめたセレッソのスタジアム観戦祭2013もいよいよ最後。
正直、勝てないかもしれないなんて、試合前に思ったのはなんだったのか(‘ω’)

まあここまで浦和のDF陣がヤバいことになっているなんて思いもしなかったからなあw
DFが攻めるのはまあいいとして守備のリスクをあれだけ省みない
サッカーをするんだったらDFという名前の意味ないんじゃとか思ったりして。

当日は、ゴール裏のアウェー席のチケットだったのだけど相変わらず一人行動だったので
開門30分くらい前から待機・・・・

入場後は、ごったごったに人であふれ返りえらいことに(´Д`lll)

それでもなんとか中段あたりのグループとグループの間に確保~
正直今日は撮るの無理かなーとおもいつつカメラセッティング確認とかしてたら、
そのグループの方がよかったら、どぞーとゴール側の端をゆずってくれた∩(´∀`)∩ ええひとや~

そんなわけでなんとかなるかなーとおもったら、前の席確保しててぎりぎりに入ってきた
グループが大フラッグ隊だった・・・・ 
こればっかりは仕方ないね(´・_・`) 応援サポのほうが優先デス

つうわけで色々制限はありつつ~~

ヒキだと色々はいるのでアップ大目∩(´∀`)∩

よりにもよってドンピシャのタイミングで目の前が旗で・・・・(´・_・`)あう

試合開始~

なんとなく、あいかわらず、うらわさん空回ってる(‘ω’)

先制点は取られたけど、行けそう行けそうとテンション上がる中、逆転弾を拓実~~~∩(´∀`)∩

ようやったでー\(^o^)/
このATの逆転が決定打だったような気がしてならない。

まああいかわらずセットプレイの守備がお粗末だったのはご愛嬌(´Д`lll)
シャルケといいセレッソといい。。。うまいチームってどんなんなんだろうなあ(遠い目

ごきげんようさん。

後半へつづくんじゃー

おまけ
くっすん・・・・


1 2 3 4 11