2014-10-26 横浜FMvsセレッソ大阪(日産スタ)


 第30節 2014年10月26日  19:00~
【日産スタジアム】 入場者数:27,384人

J1残留へ向け、連勝を目指して挑んだ横浜F・マリノス戦。
セレッソは、前線ではカカウが3試合ぶりの先発出場を果たし、ボランチには、前節は欠場したキム・ソンジュンが復帰。前半は、相手の指令塔である中村俊輔をケアすると共に、「奪ったところから速い攻撃で、という意図で挑んで、何回かチャンスも作った」(大熊監督)。
ただし、「トップに入った時のサポートが遅く、少し攻撃に厚みが出なかった」と指揮官も話すように、相手を押し込んだ中での決定的なチャンスは作れず。それでも、横浜に決定機を与えることもなく、0-0で前半は終了した。
後半に入り、立ち上がりはセレッソが攻勢を仕掛ける。
48分には南野のCKから山下がポスト直撃の惜しいヘディングも放つなどゴールに迫るが、次第に横浜の攻撃の前に、防戦を強いられる展開となった。
68分には、相手の決定的なヘディングをキム・ジンヒョンが素晴らしいセーブで阻止。
以降も、「(藤本)康太もヤマ(山下)も体を張って守ってくれた」(キム)と、守備陣は一丸となって最後まで失点を喫することはなかった。一方で、攻撃に関しては、「低い位置に下がって守備をしていれば、ゴールまで遠くなる。
自分たちがボールを持つ時間も短かった」(扇原)と前に人数と圧力をかけることができず、「効果的に崩した場面は少なかった」(南野)。
それでも、「終盤まで0-0で試合が進めば、アウェイということもあって、勝ち点1を拾うことは頭に入れて戦った」(扇原)と、後半アディショナルタイムに失点して0-1で敗れた第28節・鳥栖戦の教訓が生かされた形となり、「最低限の結果」(藤本)である勝ち点1は持ち帰った。
残留を争う仙台、大宮、清水が今節は揃って敗れたこともあり、残留圏の15位との勝ち点差は1に縮まった。「当然、3を取れれば良かったけど、ポジティブな勝ち点1と捉えたい」と大熊監督も試合後に総括。
次節の甲府戦、次々節の仙台戦と、残留争い直接対決に、すべてをかける。

ものすごく久しぶりにセレッソ観戦。
曜一朗の試合が最後だったからなんと3ヶ月ぶり( ̄▽ ̄;)
日産スタは近いのでせっかくだからと参戦した上に
アウェー席もだいぶ余裕があったので以前から一度座ってみたかった
メイン席どセンターを取ってみた……ら近すぎてバーとか報道陣が
邪魔だったwww

正直代表練習とかで近いところにいったことはあるはずなのに
試合観戦するとやっぱりちがう。
傾斜もゆるいので1F後ろ目に行きたいところだけどその分距離もちょっと長くなる。
痛し痒し(._.)

んで試合のほうは・・・

……予想はしてたけど、、、うーーーん。
まあどちらにせよ、最終的な結果から見たらこの試合の結果はそこまで
影響は無かったけれども…
こういう試合に勝てないからこそ勝ち点がつみあがらないという
象徴的な試合だった気がするのは言いすぎかな。

正直動画は撮ってないので今回はお写真のみ~

-IMG_9818.jpg

なんだかアンニュイないばさんw
実はイバさんを見に行ったといっても過言ではなかったりするww

IMG_9825.jpg

このときが結局国内で拓実を見た最後の試合になっちゃったな。

-IMG_9847.jpg

整列が目の前でみれるーとおもったら高さが足りずに報道陣に埋もれた笑

IMG_9854.jpg

殺気を放つ拓実ww

IMG_9865.jpg

-IMG_9895.jpg

後半アップ中のいばさんはあまりちゃんとアップやらずに試合みてた・・・
監督かとおもう勢いで笑