12/7 浦和レッズvsセレッソ大阪(埼玉)その1

第34節 2013年12月7日  15:34~
 【埼玉スタジアム2002】 入場者数:54,905人

2013年のラストマッチは、まさにレヴィー・クルピ監督のサッカーの集大成になった。
立ち上がりから、両チーム互角の戦いが続いたが、前半24分に相手のシュートが決まり、リードを許してしまう。その後は、柿谷、杉本、南野が前線から精力的なプレスを見せて少しずつ、セレッソが主導権を握り始めた。
 35分には、パスカットから柿谷が惜しいシュートを放つと、40分には酒本のクロスを杉本が押し込んで同点に。さらにアディショナルタイムに入ってからは、右サイドを起点に、柿谷がシュート。そのこぼれ球を詰めていた南野がプッシュして、逆転に成功した。
 
後半は、セレッソがさらに相手を圧倒する内容になった。53分には、パスをつないで、最後は柿谷。角度のないところから鮮やかなシュートを突き刺して、
リードを2点に広げた。72分にセットプレーから1失点を喫したものの、優位は変わらず、17分にも柿谷がゴール。交代出場した枝村のシュートがクリアさ
れたところにきっちり詰めた形だった。さらに、南野がこの日2得点目となるゴールを落としいれ、ゴールラッシュを締めくくった。
 結局5-2の快勝。ただ、川崎フロンターレも勝ったため、勝点1差で最終順位は4位。惜しくもACL出場圏内である3位以内はかなわなかった。
「天皇杯で上位が優勝してくれたら、出られる可能性がある」と、杉本。タイトルは取れなかったが、来年につながる大きな勝利であったことは間違いない。 
 試合後はサポーターの前で、選手たちがレヴィー・クルピ監督、ホドウホコーチを胴上げ。今季でチームを去る名将とのわかれを惜しんでいた。

2013年最終節。GWから行きはじめたセレッソのスタジアム観戦祭2013もいよいよ最後。
正直、勝てないかもしれないなんて、試合前に思ったのはなんだったのか(‘ω’)

まあここまで浦和のDF陣がヤバいことになっているなんて思いもしなかったからなあw
DFが攻めるのはまあいいとして守備のリスクをあれだけ省みない
サッカーをするんだったらDFという名前の意味ないんじゃとか思ったりして。

当日は、ゴール裏のアウェー席のチケットだったのだけど相変わらず一人行動だったので
開門30分くらい前から待機・・・・

入場後は、ごったごったに人であふれ返りえらいことに(´Д`lll)

それでもなんとか中段あたりのグループとグループの間に確保~
正直今日は撮るの無理かなーとおもいつつカメラセッティング確認とかしてたら、
そのグループの方がよかったら、どぞーとゴール側の端をゆずってくれた∩(´∀`)∩ ええひとや~

そんなわけでなんとかなるかなーとおもったら、前の席確保しててぎりぎりに入ってきた
グループが大フラッグ隊だった・・・・ 
こればっかりは仕方ないね(´・_・`) 応援サポのほうが優先デス

つうわけで色々制限はありつつ~~

ヒキだと色々はいるのでアップ大目∩(´∀`)∩

よりにもよってドンピシャのタイミングで目の前が旗で・・・・(´・_・`)あう

試合開始~

なんとなく、あいかわらず、うらわさん空回ってる(‘ω’)

先制点は取られたけど、行けそう行けそうとテンション上がる中、逆転弾を拓実~~~∩(´∀`)∩

ようやったでー\(^o^)/
このATの逆転が決定打だったような気がしてならない。

まああいかわらずセットプレイの守備がお粗末だったのはご愛嬌(´Д`lll)
シャルケといいセレッソといい。。。うまいチームってどんなんなんだろうなあ(遠い目

ごきげんようさん。

後半へつづくんじゃー

おまけ
くっすん・・・・