11/10 FC東京vsセレッソ大阪(味の素スタジアム) その2

撮影動画いろいろ~

曜螢は途中で二人だけでちっちゃいトラップ合戦になっているのはなんなの?w

曜さんかめら\(^o^)/ 長まわし~
あんまりおもしろくないのでぼんよりみてたいひとむけ(╹◡╹)

ようさんのおじぎはいつも90度。
そしてこの動画も90度でサムネがw タイミングの不思議。

この動画を見直しているときに曜と螢がいつもハイタッチ?というかぱちんとやっているのに
気づいたけど、実はそれは以前から定番のことだったと教えてもらったっていう・・
というわけでこの後からは必ずこの円陣からのタイミングは動画取るようになりましたw

つか、カメラであの瞬間撮るのタイミングシビアすぎて難しいよw

てくてく曜さん。ただそれだけ(╹◡╹)

ごあいさつちょろっと(ヒーローインタビュー行っている曜さん以外)

おつかれさまー!


11/10 FC東京vsセレッソ大阪(味の素スタジアム) その1


第31節 2013年11月10日  13:04~
【味の素スタジアム】 入場者数:40,371人

負ければ、“終戦”になる可能性もあったこの試合、勝敗を分けたのは、レヴィー・クルピ監督の言葉どおり、「集中力」であった。
 スタートのフォーメーションは、負傷欠場した藤本に代わって、リーグ戦では5月18日以来のピッチに立った茂庭が入った4バックに、山口と扇原のボランチコンビ、シンプリシオと南野が2列目に、柿谷と杉本を前線に配する形だった。
 40000人を超える観客の熱気に後押しされるように、キックオフ直後から激しい攻防が続いた。セレッソが中盤から細かくパスをつないで相手ゴールを目指したのに対し、FC東京は、1トップの渡邉にボールを入れて攻めあがるという形。
 ファーストチャンスはセレッソのほうだった。24分、左サイドを破った丸橋のクロスから杉本がヘディングシュート、クリアボールをシンプリシオがオーバーヘッドシュートを狙うが、決めきれず。28分には、逆に相手に決定的なシュートを放たれるもののキム・ジンヒョンが好セーブを見せ、さらに山下がクリアしてことなきを得た。
 そして31分、待望の先制点が生まれた。酒本の右クロスがゴール前の混戦を誘発、こぼれ球を南野が押し込んだ。そのあとも、攻めの意識が強くなった相手をうまく抑えながら、セレッソペースで試合を進めた。
 後半は、開始直後からFC東京が攻めに出て、セレッソが守勢にまわった。何度か決定的なピンチを迎えるが、キム・ジンヒョンが立ちはだかり、ゴールを割らせない。セレッソも51分に柿谷が決定機を迎えたが、フリーで放ったシュートをGKに当ててしまい、追加点はならない。
 すると、70分に一瞬の隙を突かれ、ミドルシュートを叩き込まれ、同点にされてしまった。引き分けでは足りないセレッソは、選手を交代させて攻撃を活性化しようとした。74分、杉本と南野を下げ、楠神と枝村を投入。柿谷を1トップ気味に配し、2列目に枝村、シンプリシオ、楠神を置く布陣で勝ち越しゴールを狙いにいった。なんどかチャンスを迎えるものの、モノにすることができないまま迎えた87分。意外な形で勝ち越しゴールが生まれた。キム・ジンヒョンの蹴ったゴールキックに柿谷が抜け出し、ダイレクトでシュート。ボールは相手GKの足の間を抜け、ゴールに入った。
 アディショナルタイムもうまくしのぎきり、このまま試合終了。アウェイでの貴重な勝点3を手にした。横浜F・マリノスが敗れ、サンフレッチェ広島と浦和レッズが引き分けたことで、可能性は残った。あと3試合、上位チームとの直接対決が俄然、おもしろくなった。

1-2でなんとか勝ちきった試合。

なんとなくだったけど、前半で曜が試合に入りきれていない気がしてハラハラしてたら
やれファールだなんだで相手選手が痛んで(戻ってきたけど)FC東京サポから大ブーイング。
(後で聞いたらあのブーイングの量は定番らしい。。。知らんかったからどきどきしたわw)

メンタル大丈夫かなとおもってたら意外なところに伏兵がw

あやまりにいったんだか、ポポ監督のところにいって一言程度会話したら
頭をなでなでぽんぽんされる曜さん。

ちなみに拓実ゴールのあとは喜んでて写真取ってないw遠かったしw

で、後半のスーパーフィードからのスーパートラップにてすーぱーごーる!(゚ω゚)

2得点目はなんだかわからないままゴールw

まあとりあえず、、、、わーい\(^o^)/

わちゃわちゃごちゃごちゃw

動画で撮ってなかったけど、これはこれで写真でも良かったと思った稀有な例。
基本的にはいつも動画で撮っておけばよかったって思うんだけどね。

なんか、いいよね。なんか、うらやましいよね(゚ω゚)

ちなみにこの試合からCanon60Dちゃんがデビューです(╹◡╹)
ズームの望遠端が250mmなので本当に遠いとしんどいけれど、味スタくらいの陸上兼用スタでも
2階席からセンターラインくらいまでならトリミングでまあまあ見れるものが作れるのはすごいなあ

しかし、腕を磨かねば。

今回の最大のイライラ。
ぴっちにはいるのはいかんじゃろーーー
ちゃんと管理しろや(#`ω´)

おまけ。
なんだか、こころひかれる空でした。
曇り空なのにね。

動画の量は多いので別POSTにて。


10/20 舞洲G クールダウン&SUL

翌日は念願のセレッソの舞洲グラウンドへー(╹◡╹)

いまいち行きかたも手探りで、この時は西九条からバスに乗っていってみました。
・・・バス乗り場自体が見つけられず結局駅員さんに聞いた・・・
何も知らないでいくにはあのバス停、ハードル高かった(´・_・`)

3回目くらいでまあなんとか、ようやく慣れた、かなあ・・・
舞洲スポーツアイランドの中にある一施設、っていうのを理解した後は
いろいろ調べられたけど。
いうわけで、次回以降の舞洲への行き帰りは本数的な問題で
JRゆめ咲線桜島経由がほとんどになってます。

当日は前日に引き続き、雨。
クールダウン組は出てこないかも、とあったけれどせっかく大阪まできたのだからというのと
SULはやるから、というのでれっつご~

結果的にSULも十分面白くて、みてよかったなーと思った。
やっぱり近いって良いなあ。
選手の声が直接聞こえる楽しさや、ボールを蹴る音がなんか
テンション上がるし楽しい(╹◡╹)
予想以上に楽しんでしまったw

そして前半終わるころには雨も上がって晴れ間が出てきたなーとおもったら
クールダウン組もでてきたー\(^o^)/

ハーフタイム中にグラウンドが空いていることをいいことにぼーるあそび。

ほんと二人ともボールがあると延々触ってるんだなあって感じw
ぼーるはともだちー(╹◡╹)

螢:にゃははは~

昨日勝っているからか、みんなご機嫌。

なんかゴリな螢w

このあと隣の健勇が大あくび。おつかれさま。でも起きろ(゚ω゚)いろいろな意味で。

後半試合中。ちょう長まわし(╹◡╹)

ちなみにこんな位置から撮っております。
光学ズームばんざい\(^o^)/

トビラが開いているのはスタッフだか選手だかがボール取りに来たかなんかで
あけたまま締めなかったからw

それにしても雨上がって本当によかったー

そして終了後はファンサゾーンにて待つ。。。とおもったら曜さんが
何か言いながらささっと通り過ぎ・・・・ファンサ無し?ええっと??とか思ってたら
「後で戻ってきます」って言ってましたよ、って他の方に教えてもらったので待つことに。
(新幹線の最終時間までまだまだあったし)
何よりも、その方曰く「こんなに人少ないの珍しいですよ」と。

結局のところ1時間後に登場~
もう暗くなっていたのでどうやってもカメラでうまく撮れず。
まあ思い出はぷらいすれす(╹◡╹)

無事サインもサインカードもさっくりもらえてほくほくしながら帰路につきましたとさ(╹◡╹)

おまけ

ファンサゾーンの近くにいたにゃんこさん。
ふこふこ。

猫のこの後ろ頭のなだらかな流れがすきなんです!
耳からの、絶妙な曲線美がすばらしいいいい(*´∀`)


10/19 セレッソ大阪vs湘南(キンチョウ)



第29節 2013年10月19日  19:04~
【キンチョウスタジアム】 入場者数:15,766人

首位との勝ち点差や残り試合を考えると、勝利以外はないという意気込みで臨んだ試合だった。
 日本代表のヨーロッパ遠征から戻ったばかりの柿谷と山口、U-18日本代表遠征に参加していた南野も先発メンバー入り。柿谷と2トップを組んだ杉本、南野が運動量をいかして相手を押し込むと、山口やシンプリシオも前線に進出してチャンスに絡むなど、この試合にかける気合いを全面に出したプレーが続いた。
 7分には丸橋が惜しいFKを見せると、12分には波状攻撃でシュートを浴びせた。さらに16分には、南野が強烈なミドルシュートを放つなど、優勢に試合を進めた。
 が、ワンチャンスから失点を喫してしまう。28分、左からのクロスをFWステボに頭で合わされてリードを許した。チャンスに決めきれず、逆に先制される嫌な流れになりかけたが、その後もセレッソがボールを支配。41分には、丸橋からのボールを扇原が中に折り返し、最後は杉本。きっちりとゴールに押し込んで、同点にした。
 後半に入ってからも自分たちのリズムで試合を進め、56分には左CKを杉本がヘッドでつなぎ、最後は柿谷。ヘディングシュートを決めて逆転に成功した。
 そのあとは、満員のスタンドからの声の後押しを受け、ディフェンス陣がきっちりと踏ん張り、1点差を死守。2-1で貴重な勝点をあげてリーグ戦3連勝。順位をひとつ上げて4位に浮上した。

初キンチョウスタジアム観戦(^o^)
だんだん自分内部で盛り上がってきて、どうにもこうにもじっとしていられず
とうとう大阪遠征まで行くようになりました(そしてそのまま最終節まで爆走)

後悔は全くしてない(^o^)

やっぱり、何事もやらないでする後悔よりもやってする後悔。
(やって後悔することあんまりないけどw)

行動するってほんとだいじ。

というわけで観戦確定後、おにゅーの一眼カメラ(Canon60D)も衝動買いw
どんだけつっぱしるんだろう、と周囲に生ぬるく見守られております・・・


観戦はここから。

しっかし、雨。この撮影の時点ではぽつりぽつり・・・・

このシーズン、雨に当たらずに来たというのに(川崎戦のみ)よりによって~~と思いつつ
雨を気にしながら、おにゅーカメラを出したところで「・・・あれONにならな・・・?い??」・・・・

・・・自宅に電池忘れてきてました・・・

アウェー浦和戦に引き続きorz ヤッチマッター
まあ、幸い2台体制だったから、基本的に慣れているほうのカメラで撮れたので
ヨカッタのダケド。・゚・(ノД`)・゚・。

試合のほうは無事勝利。
雨が強くなってくるころに集中力が切れてきたのか失点したりと
ちょっとあわただしいトコもあったけれど、まあ勝ったから!勝ったからよいのだ(^o^)

おしゃしーん。(Twitterにもあげてあるけど)

やっぱり距離が近いのと、動きあまりないのでFZ200ちゃんでもきれいに撮れた(^o^)
黄色く撮れがちなキンチョウでなぜかうまく自動設定がハマって色もきれいに~

この集合写真のときにあんまりにも撮れやすくて一杯とっているので、
極力全員がちゃんとした顔で写っているのをチョイスw

チャームポイントは左目の二重です(本人談)

我ながらなかなか良い感じに取れてるんじゃないかしらと自画自賛(*╹◡╹*)
左目のキャッチライトがとても綺麗に入ってる~。可愛く撮れた。

まゆげ家出中だけど(^o^)

試合前いつもちょろっとだけジンヒョンとしゃべってるの多いけどなにはなしてるんじゃろね。

見上げたかんじがなんだかぴゅあぴゅあ(╹◡╹)
あんまりみたことのないような幼い表情になりますた。

試合開始直前・・・
このあとガッツリ雨降ってきたので、カメラ出す余裕も無く(ヽ’ω`)

最近気づいたのだが、つむじとかうなじとかもそうなんだけど、このぽわぽわ毛が
ツボにはまっているもよう。

猫の長毛短毛ミックスとかにいるようなぽわ毛というか
生え変わる前の子猫が2段階にぽわぽわ毛になってるみたいなのがええのん。

ヒーローインタビューを略してヒロインと呼ぶのはどうしても抵抗があります派(ヽ’ω`)

インタでいいじゃん。。。。
いつもヒーローの対義語にしかおもえないだよ。。。

つんつんヘアー

あとは動画で~

おまけ