代表戦後

柿谷「もっと本田さんとやりたい」ホットライン完成させ1トップ奪う!

「攻撃の時、一番近い存在。そこで合わないと他の選手もやりにくい。(本田が代表で)長い分、自分が合わすことはもちろん、自分の良さも分かってもらいたい。もっと一緒にやりたいと思った」

 背番号4のエースとは同じ大阪出身。しかも、代表次戦のグアテマラ戦(9月6日)は慣れ親しんだC大阪の本拠・長居開催だ。「ホームなのでピッチに立ちたい。今は、J1でそれに値するプレーをする」と誓った。

C大阪・柿谷 代表帰りで早速フルメニュー消化
はっや!

不発の柿谷に本田が合格点「順応早い、能力の差かな」

 後半19分に豊田と交代したが、本田、香川とのイメージのすり合わせを実感。その感覚に本田も同意した。「オレの代表デビュー(時代)よりも順応するの
が早い。能力の差かな」と合格点を出した。守備を重視したプレーで「迷いがあった」(柿谷)という後輩に、「迷わずやれ」と背番号4は背中を押した。