06/04 W杯最終予選 日本vsオーストラリア(埼玉)その3

当日レポ続き。

芝チェックがあっという間に終わってしまってがっくししてたら近くの席のひとが
マッチデープログラム見てて、いいなあ買おうかなあと思ったので探しに行ったら
意外と遠くて混んでて、選手の練習時間開始までに席に戻れなかった・・・orz

ちなみにドイツのシャルケのホームではあれの何倍も濃いプログラムが
無料で配られてました。
(おっさんがカートに山盛りにして練り歩いているw)
それとくらべちゃうとちょっと薄いナァ・・・(´・ω・`)まあ記念品。

というわけで練習見るのは途中からでございます・・・

写真も撮ったけどあんまり綺麗に撮れてないので今回は動画ばっかしUP。
ネオ一眼カメラの意味があんまりないw(まあ望遠レンズ様様だけどね)

正直なんもおもしろくはない、ひたすらうっちーが練習しているだけw
好きなひとにしかおもしろくない動画となっておりますw

なお、通路横だったのでちょこちょこ、前を横切られてしまっててみづらくてスンマセン。。。

パス練習うっちーも水のみうっちーもメイン側むいちゃってて泣ける(´・ω・`)

この鳥かご練習の後にロングパス練習になったり、他の鳥かごに合流する人も居る中
うっちーは、スプリントスピードをあげてく練習。

みんながパス練習をしている横で、軽くランニング。そのあとバイタル横あたりから
センターライン付近まで5往復くらい?
往復するたび徐々にスピードが上がっていく様子が目に見えて判ってテンションがあがったw

肉離れの素は出てこないことを念入りに確認しているようだった。
つーか、最後のいっぽんは、まじはええええ(゚ω゚)Σってなったわw

練習はもういいかな、と動画とめてボンヤリ見てたらこの映像の直前に
一度だけほんと綺麗な弾道のシュートを決めていてもう一度やってくれないかなあと
思ってカメラ構えてたけど、、、、終わってしまった・・・(´・ω・`)

つづくー


「今の日本代表に『W杯優勝』なんてできない」

名波浩が斬る「今の日本代表に『W杯優勝』なんてできない」

本来、こういう状況になったら、ゆっくりとボールを展開して、相手をいなしながら攻めればいいのだが、日本はちょっと仕掛けを急ぎ過ぎてしまった。特に問
題だったのは、味方同士の距離を近づけるのが早過ぎたことだ。オーストラリアがペナルティーボックスの周りで人数をかけて守ろうとしているのに、日本もそ
れに合わせて味方に慌てて近づいていって、わざわざ人数をかけて狭いところを突破しようとしていた。

常に速攻つっこめー的な攻撃にみえたのは気のせいじゃなかったか。

確かにスピードはストロングポイントだけど、遅攻速攻とメリハリつけないと
崩せないだろうに、よっぽど技術的にくずす自信があったのかなーと
おもって見てたんだけど、、、あせり、だったのかな?

 特に最近は、対戦相手が日本のことをよく研究している。W杯予選で負けたヨルダン(3月26日、1-2で敗戦)にしても、この日のオーストラリアにして
も、テストマッチで対戦したブルガリアもそうだった。そういう相手を迎えたときこそ、普段やらないことをもっとやるべきだ。

そうだそうだー(゚ω゚)
バイエルンだかの監督が「相手に合わせてサッカースタイルを替えない強さ」の話を
しているのをきいたことがあるけれど、それはほんとうに強いチームだからできること。
たいがいのチームには不可能なこと。

それだからオプションとしての飛び道具の選手を招集するんだと思っていたんだけど
今回はそれを使うことはなかったのが残念。

まあ展開的に交代カード切りにくいくらいバランスギリギリな状況だったけどさ。
結局引き分け狙いの采配でカード切ってきたけど引き分けじゃなく
勝ちいってほしかったなあ。

 守備に関しては、それほど大きな問題は抱えていないと思う。中盤のプレッシャーはよくできているし、各選手のボールアプローチも速い。
たとえ相手
に突破されても、ひとりひとりの帰陣が速く、次のブロック、そしてまた次のブロックと、守備ゾーンがすぐに作れているのも強みだ。そうした対応をこのまま
続けて、さらに精度を上げていくことが大事だろう。

んむ。守備陣は特に基本ラインは動かす必要がない、というか動かすと
今回みたいにバランス壊れる気がするのー(´・ω・`)

まあ前線のゆがみを玉突きのようにバランス整えていくと現在の4バックのとこを
いじらざるを得ないのはわかるんだけど。

DFラインいじるくらいなら中盤のコンセプトをがらっと変えるほうが局面打開には
よさそうな気がするのは素人かんがえなのかなあ。

はてさて今後どうなっていくのやら。


06/04 W杯最終予選 日本vsオーストラリア(埼玉)その2

時系列並べてると時間がかかりそうなのでマル無視でいくよー(゚ω゚)

翌日の朝の記者会見。

長谷部 滑った麻也をバッサリ「問題外」 本人は「つぶれ役も必要」

 長谷部 じゃあ、麻也(吉田)がずっとしゃべりたがっていたので。この間、結婚もしたしね。

 吉田 結婚しました。(ともにアラサー独
身の)ハセさん(長谷部)と、永嗣君(川島)も募集中なので、ぜひ皆さんよろしくお願いします。
最後に、マイク良いですか?マイクください。先輩方が凄い
良いこと言ったので、最後に一言だけ言って締めたいと思います。
ブラジルの人、聞こえますか~?もうすぐ行きますよ!(お笑いコンビ・サバンナの八木の
ギャグをパクりドン滑り。隣にいた内田からは汚いものを見るような視線を送られる

 長谷部 お後がよろしいようで。以上です。

スポニチ酷すぎるwwwwwww
主観すぎる感想をさりげなくいれるなwwwwwww
思わず太字で主張したったwww

この駄々スベリ芸が、会見の話題をさらっていったことにもっとわろたがねw

※会見終了後、長谷部は「打ち合わせはしていない。麻也は問題外。
台本があればあんなに滑らないでしょ」とバッサリと切り捨てた。
吉田は「前夜の夕食会場
では同じギャグでうけた」と主張。
「もうやりたくない。でも誰かが犠牲にならないといけない。つぶれ役も必要」と必死に?前を向いた。チームワークの良さ
が垣間見えた約5分間の「ハセトーク」。
W杯ブラジル大会に向けた再スタートで順調な“滑り”出しを見せた。

余談も酷いwwww

記者会見後の個別インタ

「この1年はまずクラブでしっかりと」

(あと1年どうするか?)まずはシャルケでどれだけ頑張れるかだと思います。
チャンピオンズリーグ(CL)の予選もあるので本戦に出られるようにしたいです。
今は代表にいるから代表の話もするけど、チームが一番大事かな。時間も一番長いし。

(代
表は予選で良い感じできていたが、最近勝てていないことに思うことはあるか?)
勝っているのはアジアでやってるからじゃないですか。
ブルガリアのような強
いチームはそんなに簡単には勝てない。ヨルダン、オーストラリアと勝てていないが、アジアなら(日本にしても)大差ないということ。
シャルケには良い選手
がいるけど、代表にかすらない選手もいるし、そういう世界を見ると……。
変な話、僕が日本人じゃなかったら代表に入っているかも分からないわけですから。

 
だから、まずはクラブでリーグやCLをしっかりとやりたいと思います。特に今はCL決勝をバイエルンとドルトムントのドイツ勢が戦っていたように、そうい
う世界で戦えるので、良い経験ができると思います。
今の代表は、向上心は高いチームだと思います。長友(佑都)さんや、本田(圭佑)さんがいつも暑苦しい
話をしていますし(笑)。
それに交じることはないし、僕に言っても響かないので向こうも言ってこないですね。
長友さんがもう少しコメント能力が高ければ
ね。気持ちが熱いのは分かるけど、いまいち伝わってこない。
でも、(僕も)熱い気持ちはあっても絶対に言わないし(笑)」

情熱って、ひとそれぞれのかたちでいいよね。
冷静に、フラットにいこうとしていることそのものが彼の中での
情熱の確かさをあらわしている。

チームでの活躍が、ひいては自然と代表戦へつながっていくというのが一番理想的。
もっともっとチームをブラッシュアップしていかないと、ね。
今シーズンもCLで盛り上がっていきたいぞー(゚ω゚)ノ

それにしても、そろそろシャルケ情報も恋しいですよーと(´・ω・`)
余裕がなくて日本代表おっかけてるだけで精一杯。

次のイラク戦、カタールなんだよね。。。
シャルケでもキャンプに使ってるからうっちーにとって日本、ドイツの次にカタールが
なじみのあるよく行っている国になってそうw

まあ、サッカーしに行っているだけだから観光地とかそういうのはしらんだろうけどw
あ、でも砂漠でバギーとかはやってるかw


週刊サカマガプラス9 SAMURAI EVOLUTION 7/1号



週刊サッカーマガジンプラス9
SAMURAI EVOLUTION 2013年 7/1号 [雑誌]

ひさびさにBOOKレビューw
いやいっぱい買ってはいるんだけどタイミングのがして
そのままだったけどこれは書かずにはいられない(゚ω゚)

サカマガの増刊号。
今回はなんと写真まるごと千葉格さん&よりぬきGetty!

千葉さんの写真がホント好きで、もともと写真集だしてほしい><と
なっていたんですごくありがたい(*´∀`)

まあ、いくつかは雑誌の表紙になってたりするから(きっと買い取りよね)
載ってないし、既存の写真の使いまわしって批判もあるだろうけど
(記事まで丸ごと使いまわしだからなあw)それでもいい。
まとまってるのがありがたい。

普段は、写真<記事内容を重視しての購入なんだけど、
今回ばかりは完全に写真目当て。

うっちーの最初のページのアップ。

なんてことのない、ふとした瞬間の表情のはずなのに
目が離せなくなる。

いろいろなものが凝縮されたかのような、時を止める空気が
うつくしいなあ、としか言葉がでない。

千葉さんのうっちーの写真は氷を透かしたような透明感の、
なんともいえないほのかな青みがかった色を感じることがある。

それがもともとの内田篤人というひとの清冽さとあいまって、とても綺麗。

千葉さんの撮ったほかのひとの写真もすきなんだけど
特にうっちーを撮ったときのが別格なのね。

まあファンの欲目かもしれないけど、フォトジェニックというのはこういうことなんだと。

被写体と写真家と、両方ともほんとだいすきです(*´∀`)

お気に入りの写真はこれと、あとやっぱ16-17Pの見開き。

これこそポスターにしてほしかったぞー

うっちーの横顔は大好物です(^ω^)
まつげくるんがかわゆすぐる。

あとこまごま、ノイアーがいたりラウールがいたり(゚ω゚)
欲を言えばユリアンがうつってるのがなかったのが残念だったなあ。

さりげなく色々な人を誑かし。。。あ、いやいや、惑わした?
つるつるふともも写真も載ってたり。

あと、いぬいも最初のアップ写真がいいカンジですきだ(゚ω゚)
じつは乾結構すきなんだよねw メンタルとか、ノリとか気に入ってたりw

こういう欧州組の写真集っぽいのっていくつか出てたけど
やっぱり千葉さんの写真がすきだからこれがマストアイテムだな(^ω^)

とりあえず、千葉さんの写真が好きなら買いだとおもいマス!